運命学について


人は大きな不幸や問題に直面した時、しばしば運命というものを考えるものです。

前面にそびえる大きな壁に対して立ち往生してしまうとき。

誰にも言えず一人苦しんでいるとき。

とめどもなく出てくる迷いの数々など。

人として生きている以上、それらは避けて通れないものです。


そんな時、古来から迷える者に対して、杖となり指針として活用されてきたのが運命学です。

運命学はまずその人の宿命的なものを導き出します。宿命と運命は違います。

宿命はその人の生まれ持った性質や運の流れなどを指します。宿(やどるの意)。

運命とは宿命の中で自分自身で考え動いて変えていく運を指します。〈運ぶ命の意)。


自分を知ることで運命は変わります。

そして運命をうまく使うことができたら、きっと悩みも納得したものに変わるはずです。


命を運ぶお手伝い。数々の東洋占術で解決に導いていけたらと望んでいます。


                                  易占家 迅八


   【易占家迅八】

 (えきせんかじんぱち)

1970年庚戌生まれ。0型

岐阜県美濃加茂市在住

     【占術】

 周易、四柱推命、九星気学、手相、人相、姓名学、家相、風水。

      【信条】

 お客様を笑顔で帰すのが 易者の誇り。